フィトテラピー(植物療法)とは



フィトテラピーとは、植物の治癒力を用いて体の不調、皮膚のトラブル、病気の予防などに活用していく伝統医学、植物療法のことです。

アロマテラピーやハーブ療法、おばあちゃんの知恵的な薬草の利用法、中国の漢方、フラワーエッセンス療法、森林セラピーなど、すべてがフィトテラピー(植物療法)に含まれます。

植物療法は、太古の昔より世界中の人々が実践してきた伝統医療であり、身体だけではなく精神まで清め、癒し、守護してくれる素晴らしい知識でありながら、誰でも暮らしの中に比較的安全かつ簡単に取り入れることができる、大変オープンな癒しのツールなのです。

現代医学では原因のわからない不調、現在の薬では治らない難病など、複雑化した現代の病から身を守るには、各家庭での日々のケアが何よりも大切で必要となってきています。

自分では手に負えない病に侵される前に日常的に心身の声を聴く、
自分で自分を癒す、お母さんが子供を癒す、家族を癒す。

現代医学が発達するまで当たり前だった家庭内での癒しを、今もう一度取り戻す時がやってきています。

アロマやハーブの知識、使い方を学ぶことで、植物がもたらす恵みのパワーを生活の中に気軽に取り入れることが出来るようになります。
植物療法の知識を得ると、こんな簡単に、これ以上ないほど心地よく生活ができることに驚かされます。

森に出かけて森林浴をする、そんな非日常を、日常のお部屋の中で近づけることが可能なのです。
植物の恵みを受け取り始めると、生活のすみずみまで潤い出すことに気付くでしょう。
朝起きてから寝るまで、いいえ、おかあさんのお腹に宿った瞬間から天へ還る日まで、植物の恵みは私たちの人生を潤し満たし続けてくれることを保証します。
この幸せな知識を得る喜びを、たくさんのみなさんとぜひ分かち合いたいと願っています。